July 19, 2006

思惑

17歳の女子が、ホテルまで連れて行かれた時点で
警察に連絡をしなかったのは何故か。
被害届けをだす、ということは、
それなりに嫌な思いをしたということで。
ただ普通17歳にもなれば、
この先どうなるかくらい予測ができると思う。
それでもホテルの時点でどこにも連絡をいれなかったのは、
きっと分かっていたからなんだとおもう。
でも彼女の考えを現実が上回ってしまったから、被害届けをだした。


本当なら今日の今頃、めちゃイケの収録中。
かま騒ぎと山様を、やる予定だった。
先輩に誘われてそれを見に行く予定で、
芸人を、ナイナイを、めちゃイケを、
心から崇拝してやまない友達は、
笑っていたけど、見てられないくらい凹んでた。

予測でしかないけれど、
被害者の彼女もきっと多くいるファンの1人で、
だから拒めないし、むしろ少しだけ喜び、期待をもってしまった。
ただ、思い描いてたのとは違いすぎて、
辛い気持ちを押し込められず、警察へ行き全てを話した。
恐らくそこには少しの被害妄想という名の虚言も
少なからず混ざってしまうとおもう、それは仕方ないことだ、
被害者の気持ちは被害者にしか分からないし伝えられない。

そんなことを考えていると、
もしかしたら彼女はちょっとだけ後悔しているかもしれない、
と少しだけ、ほんとうに少しだけ、思ったりしたんです。


こんなことを考えるひとはたくさんいるはずで、
それでも事実が事実として残っている以上、
何を変えることもしようとは思えないし、
第一変えることなんかできない。

何にでも、表が際立つ裏があると、私は考えてしまう。
ほんとうはこんなことを書くのは間違っているのかもしれないけど、
思ったことを忘れるのは怖い。
だから書く。ただ、それだけ。
July 16, 2006

ナノムゲン!

44bb29aa.jpgきてますよー。
楽しいよー。
チャット可愛かったよー。
モーサムかっこいいよー。
July 05, 2006

DEATH NOTE

見てきました。
色々言いたいことがあるんですが、
ネタバレしなきゃいえないことばかりなので
追記で書きます。
ゆえに、見ていない方・見る予定の方、
絶対にご覧になりませんよう。。。


続きを読む

意思があるなら

反省をしないのはいけないことだと思うので反省文。

相変わらずプレゼンが苦手だ。
企画書を書くところまではぼちぼちうまくいくけど、
どうもプレゼンというのはコツをつかむのが難しい。
しかもきっとあれは、今までの生き方が
そっくりそのまま出るような気がする。
私はタチの悪い人間で、10言わなきゃ分からない人間に
1しか言わないようなことが多々ある。
しかも1言えば分かるような人間には
10言ってしまうようなこともある。
要するに、10言わなきゃ分かってもらえないくらいの
関係性の人には口下手で、
1言えば分かるだろう友達には饒舌なのだ。
しかも計画性というものが全くないので、
事前によく準備する、っていうこともしなかったりする。
リーダー気質ではないのだ、元から。
これじゃあダメだね。
別にリーダーにならなきゃいけないんじゃないけど、
リーダーになる!くらいの気合と気負いがなくちゃダメだ。
やりたいことがあるんだから。
July 04, 2006

虚言癖がある

学校へいく。
誰かがいる。
1人に強かったはずの心が、
だんだんと弱っていく。
幾重にも層になっている心の、
今まで剥がれなかった部分が剥がれかけている。

これが、いいことなのかはよく分からない。

考え事は1人でするに限る。
それが出来なくなりかけている。
もっと深く、奥底まで、誰にも何も言われないように。
考えることは、私にとっては最重要だ。

楽しい日々ばかり。
ほとんどの悩みはぶつけて消える。
それは悩んでない証拠でもある。

顔は広いけど意外と人見知りで、
そんな自分を好いてくれる人がたくさんいるのが、
本当に、本当に有り難くて、でも信じられない。

ひとりになりたい。
でも、はなれてほしくはない。
こんなに我侭で自分勝手な人間を、誰が認めてくれるだろう。
そう思うことで、楽しさに潜む孤独と仲良くやってきた日々が、
壊れかけてきている。

ほら夏はすぐそこまで

iPod nano 4GBを購入。
というわけで彼を充電&更新しつつ日記を書きましょう。


土曜日は飲み会でした。
行く前に部屋を久しぶりに片付けていい気分になっていたら、
まんまと出かける時間を間違えてしまいました。
でも7時には殆どみんな着いていなかったので一安心でした。
飲み会はみんなが飲みすぎないように、
正の字で飲んだ分をカウントしよう企画が持ち上がりまして、
きっちりと記録していたわけですが、
逆に競争心を煽る結果になってしまい大失敗でした。
友達が途中から具合悪い、帰りたいを連呼しまくってました。
そんな友達を5人くらいで高田馬場まで見送り、帰宅。
所沢に住んでいる友達1人を泊めて、
サッカーを見ながらいろんなお話。
どんな時代でも、鈍感な男というのは罪深い生き物ですね。

日曜日は曇り時々雨、のち晴れ。
友達を昼過ぎに馬場まで送っていくと、駅で大雨。
ありえねーとか思いながら帰ると曇り。
母と共に秋葉原へ行き、iPodくんを購入し、
帰ろうとしたら雨&風。傘が全壊。
ラーメン屋でご飯をご馳走になっている間に外は晴れ。
あーぁもう。
家に帰ってきて早速iPodに曲を入れて調子に乗っていると、
慣れないイヤフォンに耳が痛くなりいつものヘッドフォンに変更。
しばらく音楽を聴きながらいい気分で眠る。
久しぶりに和んだとてもいい一日でした。


わたくしの部屋は、すごくいい感じで風が入ってくるんです。

あぁ、音楽を聴きながら風に吹かれるのって、
最高の贅沢ですよ皆さん。



>>復活!!タイトル音楽  紫陽花 / 椿屋四重奏
  今年は紫陽花みてないなぁ。
  このまま夏になっちゃうのも、
  なんだか勿体無い気がするのはわたしだけですかね。
  まぁ雨は嫌いだけどね。湿気もね。でも紫陽花好きだからね。
July 01, 2006

遅刻の理由

さて、今電車に乗って池袋に向かっております。
7時集合に間に合うか微妙なところですが、今更焦ってもどーにもなりません。
ということで人間観察。
高校生が多分5人。並んで楽しそうにお喋り。
立ったまま器用に本を読んでいる人3人。
何かを聞きながら本を読んでいる男性1人。
カメラをさげたまま、首をカクンと落として寝ている女性1人。
親子とおぼしき2人。仲良さそうに喋っている様子は見ていて微笑ましい。
子供は7才くらい、お母さんは‥結構若いなぁ。
その2人、おそらく買い物帰り。膝の上には大きな紙袋。
‥さまんさたばさ?
なんだそのいらない高級感は!!!!
デカいサマンサタバサの紙袋が2つ!
1つはお母さんの膝のうえ!もう1つは子供の膝のうえ!
なんだなんだ、金持ちか!

金持ちに癒されてしまったこの気持ち、どーしたらいいのですか?
そして、池袋に着いてしまったために、上手いオチをつけられないこの敗北感、どーしたらいいですか?