August 26, 2005

世紀の茶番!カリカプロデュース 『海プロvs星プロ』 

今更ながら覚え書き。
星プロ贔屓でごめんなさい、と先に謝っておくことにします。
でもいいんだ、俺が忘れないために書くんだから。


・会場に入ると、オコチャさんが説明中。
 お客さんも海プロ、星プロと席を分けて応援するシステムらしい。僕らは星プロ側へ。

・カリカのお2人が司会。
 林さんはスーツ。家城さんは8分丈ズボンとサッカー風Tシャツ。
・吉本興業には海プロジェクトと星プロダクションという2つの団体がある。
 ロマンを語る上で、海と星2つもいらない、と今回の戦いの開会を宣言。

・まずは海プロ入場。
 サーフボードに乗った5GAP秋本さんことアニキ(タンクトップ着用)を、
 海プロの精鋭数名が担いで入場。他多くは袖付近で詰まっていてギュウギュウ。
 みんなアロハとかで海っぽくきめているものの、人が多すぎて絡みづらい。

・そして星プロ入場。 白スーツでビシっときめ、頭に星をつけた謙一番星先生は
 歌を歌いながら客席まで降りてきての登場。
 他、現場マネージャー吉村(平成ノブシコブシ)、ポテ少菊地さん、
 5GAP久保田さん、元マイノリティ田島さん、大西ライオン。
 吉村がピース綾部さんのパネルを持っている。うめだに行ったとのこと。
 「うめだのくそライブ!」とか吉村言ってましたが、
 それに対する家城さんの暴言も中々・・・。
 書きたいけど書けない!だってブログだから!


・第1試合は海・星の知識披露&各リーダーの武勇伝対決。

・海プロ知識の発表はグランジ佐藤さん。
 しかし、海プロには海プロネームがあるのでそれで呼ばれないと反応しません。
 佐藤さんの海プロネームは"ヤリイカ"。加入時アニキがつけてくれるらしい。
・知識より海プロネームが気になりだしたカリカ。ためしに色んな人に聞いてみる。
 ミルククラウンのケントルは"ウミネコ"。
 鳥じゃん!とツッコまれるが、アニキがつけたのは絶対なんだ!と全員で猛抗議。
・海知識は、ヤリイカさんのお父さんが自衛官だかで、
 その船がすごくてヤマトを沈められる、とかそんな感じ(肝心なトコ覚えてないね)
・続いて星プロ。
 先生は頑張って喋るものの、途中で吉村がバトンタッチ。
 "宇宙には2000億個の星がある"という
 大したことない知識(by家城さん)を吉村と菊地さんが勢いで押し切る。

・ここで武勇伝発表。
・あるある!といいながら出てこない海プロを尻目に、まとまりのある星プロの発表。
・謙一先生の鼻に、セミが止まった
・謙一先生はバイト先の外国人に「謙一さん、ゴキブリみたいね!」と言われた。
・これらの武勇伝をテンポよく披露。喋るのはほぼ吉村でした(笑)
・対する海プロは、多人数の法則からか一向に手が上がらず。
・沖縄トリオ(セブンbyセブンとぬ〜ん 各々海プロネーム有)が
 沖縄弁でアニキはすごいんだ!と褒める。

・終わったところでお客さんによる拍手投票。
 海プロ側の人も結構拍手をしていたようで、星プロ勝利。1ポイント獲得。


・第2試合はポエム対決。
 海・星に関するポエムを考えてきてもらって、それを発表するもの。
 カリカご両人は発表の間、舞台脇で座りながらお客さんと共に観賞。
・星プロ。先生は後ろにセットの棚の上に立ち、
 他のメンバーが黄色のファイルを持って発表。
 謙一番星がいるから安心していられる、とかそんな感じの。
 僕が○○星!みたいなミニコントが面白かったなぁ。
 最終的には星プロに入ろう!今なら安くなってます!という勧誘に。
・カリカ登場。「ライオンのいい声がずば抜けてましたね」と家城さん。
 そして家城さんの「先生はそこに立ってた意味あるの?」という素朴な疑問に
 林さんが「先生がいるから、安心して勧誘できるんですよ」とナイスフォロー。
・続いて海プロ。
 猪木さん(こりゃめでてーな伊藤さん)と馬場さん(山田カントリー浅井さん)によるポエム。
 海にはあんまり関係ない感じのポエムでしたが。
・MC曰く「猪木がたまにポエム読むことがもっと知られてないと分かんないよね」

・両陣営登場して、お客さん拍手投票。星プロの勝利で2ポイント獲得。計3ポイント。


・第3試合は集団コント対決。
 リーダーが書いたコントをメンバー全員でやる、という分かりやすいもの。
 アニキはあの大人数を使うのに、相当労力を使ったそうです。
 先生は芸歴5年にして初めてコントを書いたとか。
 その辺りに注目してください、ということで。

・まず星プロ。
 今日は100年に1回の謙一流星群の日なので、
 3回願い事をしようと頑張る息子;タジー。それを応援する父;菊地さん。
 すると、上手袖から黒子吉村が押す台車に乗って謙一先生登場。
 舞台上を急カーブで消えていく流れ星に、惜しくも3回願い事できなかった息子。
 息子の願い事は「プリンが食べたい」。
 ここで再び謙一番星が流れる。
 と、吉村がコケて、あやうく3回願い事できそうになるも
 「ビックリして願い事するの忘れちゃったよー」という見事なアドリブで願い事出来ず。
 その後、ライオンくんが乗ってきて、中央で♪心配ないさー♪と熱唱。
 「あれは?」「あれは・・・獅子座流星群だね」
 更に久保田さんが荷台に荷物をのせて登場。
 「あれは業者さんだね。ラフォーレの階を間違えたんだね」
 黒子吉村が先生の押す台車に乗ってくると、
 「あれは・・・勢いでアドリブをやってみたけど、全くウケなかったんだね」
・コント終了後、全員集合でトーク。
 「吉村のあれは何だったの?」と鋭いツッコミが林さんから。
 「鉄板だと思ってやったのに!!笑わない方が悪い!」と開き直る吉村。

・続いて海プロ。
 西村ステッキの2人が海辺で遊んでいると、
 タチ悪い感じで絡んできたのは関東漁業組合のみなさん。
 彼らを倒し、女の子を救うため現れたヒーロー5人。
 いち早く敵陣へ乗り込んでいった徳井は透け気味ブーメランパンツ。
 大量の組合のみなさんに運び込まれ、袖へ。そして投げられるブーメラン。
 正直この辺りから覚えておりません。 
 オチは予想できたけど、まぁ集団コントだしね。
・MC登場。「長くてイライラしました」とは家城さんのお言葉。ちょっと同意(笑)

・さっそく判定を仰ぎます。
 僅かの差で海プロ勝利。3ポイント獲得で、3対3のイーブンに。
 林さんが気付いたこと。「こっちの人(星プロ側)は絶対(判定)動かないね」


・第4試合はカラオケ対決。
 じゃんけんで勝ったのに先攻を選び、みんなに「えー?!」といわれる先生。
 結局星プロは後攻。

・1回戦。海プロはハリセンボンの2人で"渚にまつわるエトセトラ"。
 ちなみに海プロネームは"千葉のロコガール"。
 2人で千葉のロコガールなので個人名は無し。
 ♪カニ食べ行こうー ハニカんで行こうー♪の
 振り付け(片手ずつパンチ、みたいなやつ)が2人バラバラで、両端のカリカ爆笑。
・歌が終わり、カリカ登場。
 「のど自慢のような気分になりますね」「保母さんの休日、みたいな」
 「2人とも保母さん顔だよねー」と散々イジる。
・星プロは大西ライオンで"今すぐkiss me"。
 いやぁいい声。と思っていたら、1メロ終わりくらいからギタリスト吉村登場。
 ギターの代わりに綾部パネルを持って。
 いつものあの動きで綾部パネルをバッキバキに。そしてもげる首。
 ブーメランの如く飛ばすもうまく飛ばずに、客席最前列に落ちる。
・カリカ登場。
 ライオンくんに「いい声だったけど、途中からみんなお前見てなかったよ」と。
 そしてライオンくんは綾部さん返してください、と客席に首の返還を要求。
 海プロのロコガールも登場。
・お客さんの判定。星プロ勝利で1ポイント獲得。3対4。
 家城さん、ロコガール退場時「また来てね〜」とのど自慢要素忘れず。

・2回戦。海プロは大人数のラッツアンドスター"め組の人"
・対する星プロは5GAPの久保田さんで演歌。曲名なんか分かるかーい!
 やっぱり久保田さんと言えば演歌です。
 今回もイントロ部分のナレーション、完璧で御座いました。
・カリカ登場。
 ラッツアンドスターはみんな黒塗りしてるけど、1人だけ塗りの甘い人が。
 食いつくカリカ。「あとで本当の名前教えて!」と家城さん。
 星プロが歌った歌は、今まで2曲とも若い子は分からないんじゃないか?という疑惑。
・お客さん投票は星プロの勝利。1ポイント獲得で3対5。

・3回戦はリーダー対決。海プロはアニキを中心に幹部メンバー、
 徳井、吉田サラダ、アームストロング栗山、どりあんず堤の5人で
 SMAPの"BANG!BANG!バカンス"。
 踊りも歌も全員分けてやってるんですが、どうにも徳井に目がいってしまう・・・。
 ・・・怖かったよね、ね!お友達と騒いでしまいましたよ。
 それ以外はみなさん踊りもちゃんと出来てて良かったです。
・星プロ、謙一番星先生が満を持して登場。曲は"川の流れのように"
 マイクを持って歌いはじめるものの、とんでもなく小声。
 途中タジーと菊地さんが扇子で花吹雪を散らし、サビでやっと声が聞こえるように。
 客席脇からマネージャー吉村も登場。写真をパシャパシャ撮る。
・カリカ登場。
 まずはSMAPに触れる。一応全員役柄が。
 徳井は「いながきでーす」と超軽い。「そんな軽い稲垣やだ」とMC陣。
 アームの栗山くんは草なぎくん、アニキはリーダーということで中居くん、
 どりあんずの堤くんは「タクキムです」と。
 「キムタクってだけでもイラっとするのに・・・」と家城さん。
 で、最終的にサラダくんが慎吾ちゃんでした。
 次に先生。星プロ陣は全員ハケてて1人の先生に
 海プロ5人から「吉村がいないと何もできないのかー!」といわれてしまう。
・リーダー対決ということもあり、両陣営全員揃って評価を待つことに。
 吉村曰く「先生はまだ緊張しています」とのこと。
 しかも星をつけているため、前からの声がよく聞こえないらしい。
 笑ってごまかす先生。
・そしてお客さんの評価。かなり僅差、というか5分。
 そこでカリカが判定。今回はリーダー対決ということで2ポイントがかかっています。
 2人とも判定は海プロ!ということで海プロ勝利、2ポイント獲得で5対5。


・最終対決は我慢対決。
・リーダー同士、相手の腹を裏拳で殴り、ギブアップした方が負け。
 ここで勝つと5ポイント。
 予想外に接戦で、只今同点といういい勝負。
 本当はここですごい点差があって、5ポイント取っても勝てないようなことがあれば、
 お金でポイントを買うようにしよう、と考えていたお2人。
 同点なので取引はないですよね?と確認。
 すると吉村が「4ポイント下さい!」と。
 確かにここで3ポイント以上買えば、先生が勝つわけですが。
 「先生今日、キャッシュで10万持ってますから!」と嘘なのか本当なのか。
 先生は、今日のために白スーツを東京衣装で1万5千円払って借りてきたらしく、
 ちゃんと全部身につけていて、上半身裸に手間取る(笑)

・対決開始。海プロメンバーは全員座って見学。
 秋本さんは鍛えている&結構蓄えているのでしっかりした体。
 しかしながら先生は、ガリガリのペラペラです。勝負は見えたも同然。
 秋本さんの裏拳は音的にもすごい衝撃。フラつく先生、海プロの中によろよろと。
 一方先生の裏拳は全然決まらず。どうしてもいい位置に入らない。
 みぞ落ち付近にいってしまい、みぞ落ちは本気でダウンになる可能性があるので、
 狙わないようにと家城さんから警告を受ける先生。

・秋本さんとの違いを見てれば分かるのですが、先生は完全に立ち方が悪いのです。
 ツッコミみたいに、手を横に振っていて、
 それだと位置が合わないし力も分散するようです。
 秋本さんは先生に向かって立っていたので、きちんと決まっていたんですねー。

・そんな悠長に解説している場合じゃありません。ボロボロになっていく先生。
 世紀の名勝負に家城さんは「吉本にいて良かった・・・!!」と叫び、
 「なんで4日前にしか発売できなかったんだ!!」と後悔の嵐。
 星プロ菊地さんは「負けたのは謙先生のやつだけですよ!」とプレッシャーをかける。
 ちょっと感動しかけてる相方含めお客さんに
 「原宿で1番くだらないことしてますよ!!」と噛み付く林さん。やっぱSですね。

・そして先生は攻撃でなんと手首を痛めてしまい、まさかの手首ストップの危険が。
 その後の秋本さんの攻撃には、なんとか耐えたものの、
 次の攻撃時、手首が腫れて赤くなっている状況。
 家城さんに「無理です」と小声で言うけどマイクがあるから入っちゃったり。
 海プロの子が、「骨折かも??」と割ってはいり、全員で先生を囲む。
 タオルが投げ込まれ、一応ぐるぐる巻きにしてみる。
 とりあえず折れてはいないけど、ヒビ入ってるかも、という結論に。
 どうしようか?とMC陣話し合い。
 ドクターストップ(家城ストップ)がかかるまではやろう、と。
 すると吉村が「先生もういいよ!やめましょう!!」と声をかける。
 しかし「折っちゃえ折っちゃえ」と家城さんが先生にいい、先生も続行すると言う。
 「もしかしたら折れた骨がアニキに刺さるかもしんないから」という家城さん。
 「そしたら血だけは見せないように、みんな、お願いします」
 それを聞いたアニキは「・・ごめん、先逝くわ!」と海プロメンバーに。
 カッコいいー!!とMC含め絶賛。
 先生の攻撃はまたもポイントを外れ、微妙なダメージのみ。
 手首をおさえて痛がる先生。
 ドクターストップですか?と林さん。家城さんは嫌がりつつそうですねー、と。
 と、ここで吉村がタオルを投げる・・・と思いきや夢芝居。徳井ちゃんと反応。
 そして、タオルが投げられ試合終了。
 海プロが5ポイントをゲットして、星プロは解散となりました。


・エンディング。カリカによる総評。
・アニキより一言感想。いい試合でした、と。
・ここで吉村が久保田さんの後ろに隠れて、涙。
 MC陣海プロインタビューで気付かないものの、星プロ陣営のお客さんザワザワ。
 久保田さんが「すいません、吉村マジ泣きしてます」と報告。
・「謙先生はもう立派な芸人だよ・・・」と吉村。
 家城さん「謙一番星と吉村の間には、僕らには計り知れない絆があったんですね」と。
・星プロメンバーより一言ずつ。
 久保田さんは、秋本さんに対抗して何かたちあげたら?という林さんのフリに
 「じゃあ歌プロでも」と言っておりました。
 その時は吉村がまた現場マネージャーとしてつくそうです。

・そして最後、各リーダーからご挨拶。
 先生は今までありがとうございました、と言っておりましたが、
 大事なところで噛んでしまい、
 吉村に「泣いて損したわ!!!」とがっかりされておりました。

・星とタオルを舞台センターに置いて、終演。



いやー、レポになりましたね、なんだか。良かった。
星とタオルセットは、みなさん携帯でとってました。
感想を書くアンケートすら入っていない、
(予定はあったみたいですが)超即席ライブでしたが、とんでもなかったです。
いやー、吉本いいね!と思いましたよ。

先生の手首は、大丈夫だったそうで。
楽屋ではユニフォーム交換も行われた模様。
吉村はコントの時コケて以来、足をかばってましたが、
星プロはみんな満身創痍でしたね、ホント。
そういうところが、くだらないライブを感動できるものにしていると思います。
4日前売り出しは残念だったけれども、またこんなライブが見れたらいいな。
これ以上の企画ライブを作るのは、難しいんだろうな。
本当に、素晴らしいライブでした。
海プロ、星プロ両方に拍手!!!

そして37度の熱の中頑張った自分にも一応拍手・・・。出来上がってよかったぜぃ。。。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/taila/30698137 

この記事へのトラックバック

→前の記事からの続きです。 この週末のごんだのライブ観戦おぼえがき。 土日は2日続けてお芝居です。 THEフォービーズは前身の劇団時代から応援してきた劇団なのですが、今回はヒーロー専門学校のレッド組の中で繰り広げられる人間模様ドラマ。レッドばかりの教室風.
週末はライブ。(後編) - ぎゃらりぃ・ごん*blog* at August 28, 2005 07:57

この記事へのコメント

こんにちわー。
海星、あたしも行きましたよー。
そして、私ももちろん星プロ側にいました。
本当素晴らしいライブでしたね。
最後の謙先生の頑張りや、吉村さんの涙にあたしは号泣してしまいました(笑)
なんというかね、うん。
素晴らしいとしか言えませんよ。
ライブ最終決定が本当にギリギリだったのが悔やまれますね。
謙先生、立派な芸人なんだぞ!と。

これ以上の企画ライブは、たしかに難しいだろうと思いますが、またなんらかの形であったらいいな、って思いますね。
1. Posted by エイラム at August 26, 2005 15:42
TBありがとうございました!
私の方からもTB。
海星での健闘を称えてか、
各所で謙先生人気がふつふつと上昇中みたいですね。
企画自体もかなり斬新だったようで。
行けばよかった・・・。
2. Posted by ごん at August 28, 2005 08:00
レスが遅れて申し訳ないです;;

>>エイラムさん
こんばんわ!コメント有難う御座いました〜。
海星、感動しましたよね!ホント泣きそうになりましたよ!
謙先生、素晴らしかったですね。
勝負は負けたけど、記憶の残り方では他を上回ったこと間違い無しです。
オトメメンをも超えました(笑)
星プロ、もうやらないみたいな感じでしたが、どこかで復活して欲しいですねぇ〜。
そしてまた感動を!!

>>ごんさん
コメント有難う御座います〜。
謙先生人気、ホントに上がってるみたいですね、知名度と共に。
喜ばしい限りです。
是非見ていただきたかった!!
またこんなライブがあることを期待して待ちましょう〜。
3. Posted by 大風 タイラ at September 07, 2005 00:59

コメントする。

絵文字
 
星  顔