December 03, 2005

オトメメン本公演 覚え書き。

劇団乙女少年団第8回公演
 『飛魚的走馬灯旋風〜フライングフィッシュメモリーズ〜』


○11月25日(金)〜27日(日)
○11月27日(日) 15時半/16時〜18時
○原宿ラフォーレミュージアム

 オト様●カリカ家城
 博士●押見ヤスノリ(犬の心)
 キチガイ●吉村 崇(平成ノブシコブシ)
 助手●工藤 史子(劇団チーターダッシュボンバーショット)
 黒服の女●椿鬼奴
 黒服の男●オコチャ
 政府の役人●永井祐一郎
 お花●タツヤクラッシュ(フレンドランド)
 お花●謙一番星
 シャチ●猪俣こーしょー
 トビ●コッセこういち
 タートル●パンチ浜崎(ザ・パンチ)
 オクトパス●デッカチャン
 友情出演●田島孝一
 研究員●カリカ林



 貝に耳をあてたら 聞こえたわ

 南国気分のその離れ小島は、研究所がポツリと建っていて
 ずっと昔からイロイロな実験が行われているんだよ。

 ボク見たんだ・・・

 金が欲しくて他人の記憶を売っている青年とジジイ。
 すっごいスピードで島を目指しているギラギラの飛び魚。
 偉そうなシャチにリズミカルな役人に・・・
 キチガイロボットに竜宮城のお姫様!

 それにしてもなぜだろう?
 こんなバカな島から愛とカルマが溢れているよ!!

 (フライヤーより引用)
・唯一の劇団員、家城さんが前説。
 写真はもちろんOKだけど、林さんを家城さんより多く撮ってはいけない。
 どうしても撮りたい場合は、家城→林→家城のように撮ること。
・最後噛んで、そのまま林さん(白衣)登場。「島人ぬ宝」を熱唱。
・押見氏はおじいさん博士なので、白の長髪。とんでもなくぼっさぼさ。
・演出家田島氏(友情出演、ジャージ姿)はホントに台詞が無かった。
 というか気絶の役だった。
・オコチャさんが鬼奴さんの息子役。相変わらず裸!
・おっととっと夏だぜ! に押見氏びっくり。音響さんを叱る。
・喋るカメ。喉が乾いて海に向かう途中、人間に拳銃を向けられた。
 今度会ったらひっくり返してやる!!!
・ピーちゃん「1たす、1は…ドォーーーン!!!」
・パンパンスパパン!サイドギャザー!!
 林さん弟子入り。 ダンスは心だ!
・TAKESHIがTAKESHIを演じる!
・キチガイという名に相応しい吉村さんの目のイキ具合。
・I wanna be a popstar!!
・三位一体シャチ
・ホモじゃありません!!
・モモです!モモが、大好きです!
 サイです!欲を言えば、黒サイが、大好きです!
・二度と見れない宴会芸 コッセギター
・スパゲティー何がいい? 俺、ミートソース! 俺、ミートボール!
・あの感動をもう一度!
・なんか中途半端
・レギュラーメンバーだ!
・秘密を知った人間はみんな殺さなければいけない。
 僕が助けた人間が裏切ったんです!僕が、殺してきます。
・半分が人間なら人間だ。
・俺たちは言葉なんかいらなかったのに、
 人間のせいでこんな風になっちまった。
・カルマを精算するには死ぬしかない
・生きましょう!



エンディング終了後、サプライズで、
オトメメン皆勤賞の猪俣さんが、吉本を辞めるという発表が。
会場はえぇぇ!とビックリ。
お芝居と音楽をメインにやりたいそうで、
吉本だとやり辛いことをしたいそうで。
出演者にも知らない人が多かったようで、
吉村さんとか普通にビックリしていた。
オコチャさんがちょっと泣いてた。
それを見て猪俣さんもちょっと泣きそうになってた。
オコチャさんは知っていて、いつ家城さんに言うか相談してたのに、
昨日酔っ払って4時頃言っちゃったらしい。
猪俣さんにお花をあげようと、セットの花を手に取る出演陣。
猪俣さんのご挨拶があり、愛の賛歌でも歌った
「違う、そうじゃない」を熱唱。
お花をあげると思いきや家城さんそのまま閉じてしまう。
みんなにツッコまれながら、お花をあげてエンディング。


終演後、ロビーでは写真販売。
出演者も続々集まり大盛況でした。

家城さんが売れ残ると不機嫌になるから、と
最初は座長の写真の余りを気にしていたみなさんも、
だんだん自分のが余ったら・・・と思いだし、売りさばく売りさばく。

デッカチャンと猪俣さんが外にでて水族館〜とかやってた。
ら、謙先生が呼ばれ、ひまわりに上半身裸で出てって寒そうだった。
そのあともずっとミニコントしてて面白かったなぁ。



●個人的感想●
・今回の衣装ナンバーワンは吉村さんです。飛びぬけてた。
 とはいうものの、凝り方はやはり家城さんがナンバーワン。
 出演時間が少ないのに、あれだけのインパクト。
 シャチやトビやタコ、カメの竜宮城メンツは
 どれもすごく合っていてよかった。
・林さんが白衣姿だと、ベルベのブラウンジャック先生を思い出す。
・永井さんは舞台に上がると別人。
・今回は、歌・芝居・ダンス・芝居・歌とダンス・芝居・歌とダンス・ダンス、
 みたいな感じで、とても楽しい要素が多かった。
・今回の謙先生の活躍ぶりに、黒子時代からの大躍進を感じる。
 だって台詞があったの!!!しかも歌を歌わせてもらったの!!!
・ポップスター、元々イイ曲だと思ってたけど今回でなお、株あがる。
・押見氏、林さん、吉村さんの長台詞はさすが。
 特に今回は吉村さんがめちゃくちゃキーポイントだった。
 浜崎さんのラップは相変わらずかっこいい。
・菊地公房(ポテト少年団;菊地氏)によるトビウオはすごすぎ。
 そんけいします。
・ハルコさんの曲がかかってた。やっぱりあのひとは、いい。
 それをセレクトしたデッカチャンも、とてもすてき。
 心をぐっと掴まれた気がした。
・重いテーマを、あんなに楽しく、たまにせつなく、
 あんなふうに魅せるのは、家城さんの得意技だとおもう。
・田島さんが裏からこっそり見ていたのがちょっと見えて、愛をかんじた。
・エンディング、会場も手拍子できたらいいなと毎回思うのだけれど、
 今回はそれができた!!!
 やっぱりオトメメンはたのしい!!!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/taila/50300270 

この記事へのトラックバック

昨日いってきました。はい。昨日中に感想やらを書きたかったのですが、家についたのが11時半。さすがに疲れて意味不なことを書きそうだったのでやめました。 ではでは、オトメトーク&オトメ本公演の印象に残ったことを少し。 【オトメトーク】 ・謙先生が歌う。その....
劇団乙女少年団 トーク&第8回公演 (おまけ) - 今日も適当 at December 03, 2005 14:45

この記事へのコメント

どうも、こんにちわ。
お久しぶりでございます。
うちにトラックバックありがとうございます。
タイラさんとこは、いっつもこういう覚え書きがあって助かります。
うちのとこも、近いうちにレポとかあげたいなぁとか思ってるんですが…。
…記憶が劣化しないうちに(笑)!

今回のオトメ、すごいよかったですよねー。
話の内容もすごい感動したし、ショー的要素もあって楽しめたし。
あたしも、林さん、押見さん、吉村さんの力には感服でした。
本当に、舞台で映える人たちだな、と。
あと、謙先生の出世にはあたしも感動しました(笑)!
初日、楽日と見ましたが、たぶん一番笑ったのは謙先生です。
POP STARといい、ミートボールといい…(笑)

次回公演は2月ですねー。
なんか、またアジアの花的なかんじになるとかなんとか…?
いずれにせよ、楽しみですねー。
1. Posted by エイラム at December 03, 2005 02:27
こんばんわー!お久しぶりでございます。
オトメメン八回公演で検索して、ブログ発見させていただきました。
時間が無かったもので、トラバだけで済ませてしまってスイマセン。

覚え書きというか、本当に見た人しかわからない内容なので
それもどうかなぁ、とは思うんですが(笑)
でも楽しんでいただけたようで何よりです!
レポお書きになるんですかね?楽しみにしてます!

オトメ本当によかったですよね!
押見氏が復活してから、ぐっと締まりが出てきた気がしてます、贔屓してます(笑)
林さん初参加でしたが、将軍らしく熱のこもった演技でしたね。
吉村さんはどんどん上手くなっていて、毎回見るのが本当に楽しみです。
謙先生の大出世!感激モノです。
ミートボール発言、吉村さん笑っちゃってましたね(笑)

2月も絶対いくぞ!と意気込んでおります。
楽しみに待ちましょう〜☆
2. Posted by たいら。 at December 06, 2005 19:50

コメントする。

絵文字
 
星  顔