April 19, 2006

手が冷たい。

書きたいことがたくさんあるの。
だけども時間がないの。
心が小さくなってていやだな。


乙女少年団は本当に感動的だった。
もう二度とやることはないだろうから、
あんなに素晴らしい作品を見ることができて、物凄く幸せだった。
今月も先月も一年前もそのずっとずっと前も、
たくさんの芸人さんが知らず知らずのうちに
諦めたくなかったかもしれない夢を捨てて、
舞台を降り、現実に戻っていく。
そんな中で、あんなに素敵な去り方をできた前田ししょう、
僕なんかが考えられないくらい、幸せだったと思う。
それに、物凄く格好いいんだあの人は。
きっとあれは、一度サラリーマンをして、
それでも諦めきれなくて芸人の道へ進んだからこそ。
そして自分1人ではなくなったことで、
愛する人を守ることを望んだからこそ。
僕は芸人ていう仕事は、一度就いたらタバコみたいに
離れられなくなるものだと思う。
芸人の世界というのは一度漬かってしまうと、
恐らくずっと気持ちがいい。
苦しくても悩んでも、周りに仲間がいて、
それは学生時代と同じような感覚。
それを卒業するのは、勇気がいる。
解散しても辞めずに新しくコンビを組む人、
作家に転向する人、いろんな人がいるけれども、
きっちり社会へ出ることは、大いなる決意が必要だろう。
たくさんの愛する仲間に引き止められるし、
ファンには残念だと嘆かれる。
それでもそれを振り切って、いかなきゃいけない場所が、
しっかりと存在していないといけない。
あの話は本当に前田ししょうのタメの話だったし、
きっとこれを見てからいくら素晴らしかったからといって、
再演という話になっても、きっと家城さんは了承しないだろうし、
前田ししょう以外の人がMAEDA役を演っても、
説得力も人情も苦労も葛藤も、今回を越えることはないだろう。
だからこそ思うのは、MAEDA役でも演じることのなかった、
夫としての、父親としての前田さんを、
とても大切に、貴重に、幸せに、過ごしていって欲しいということ。
偉そうだけれども、思ったまま書いたまでです。



トータルさんの結婚話は、
2人のブログを見て幸せな気持ちになりました。
ヤフーとかに載るなんて思いもよらず。よかったね。
大村さんの奥様は、5年前くらいの
6じ7じくらいでも話題に上るほどだったので、
きっとずっとラブラブで幸せなんでしょう。
その時の大村さんの目のにやけ具合といったらなかったもんな。
藤田さんには色んな彼女話が昔からあったけれども、
すごいキャラなまんまの出来婚という結果で笑いました。
お2人とも、お幸せに。
47都道府県ツアーもM−1も、こっそり応援しておきます。



ちなみに乙女少年団で流れていた前田さんソング、
お花も届いてた&フライヤーも入ってた
MALCOという方々の最新曲なんだとか。
発売はまだだそうですが、曲を聞いたデッカチャンが
これは使える!ということで
発売前に舞台で使わせてもらったそうです。
いい曲でしたね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/taila/50738951 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔