July 05, 2006

DEATH NOTE

見てきました。
色々言いたいことがあるんですが、
ネタバレしなきゃいえないことばかりなので
追記で書きます。
ゆえに、見ていない方・見る予定の方、
絶対にご覧になりませんよう。。。


まずキャスティングはとても良かったです。
特にL役の松山ケンイチ。素敵でした。
登場、お菓子の食べ方、電話の掛け方、座り方。Lでした。
ライトはもっと髪の毛が長い方が良かった気がしました。
漫画はもっと冷酷だったけど、
今回の話の流れならあれくらい感情出してもいいですよね。
しかも全部演技なわけだし。
リュークの声はもっと高くてもいい感じがしました。
なんかね、もっとこう、可愛いっていうのもあれですけど、
リンゴ食べれないとことか可愛い感じがほしかったなぁ。
あのリュークだけ見てるとちょっと怖い方が先行するから。

話展開はかなりゆっくりと聞いてたのですが、
ホントにその通りで。
漫画版とは別のエンディングになるかもしれないなぁ。
詩織は映画オンリーだし、終わり方も違う気がします。
大体単行本の消化量が半々にならないですもの。

その他、細かいところがホントよく出来てて、
むしろ細かいところの方が漫画に忠実で、
そういうところが良かったです。

それに、ライトやらレイの心の声が聞こえる、
みたいな無駄な演出もなかったし。
デスノートは意地と意地の対決、というか、
表向きが綺麗であるからいいわけです。
心でライトがくそ!とか思ってるのは、表情で充分なわけです。
レイがこの声聴き覚えが・・・!ってのは、
死ぬときにライトに気付いた表情で充分なわけです。
漫画だからいいわけよ、あぁいうのは。声になるとね、違う。
だから、そういうのがちゃんとしてて良かったです。

また11月にお会いしましょう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/taila/50928557 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔